産後うつに負けないように、女性は変化に注意しよう

焦らなくていい。あなたのペースで。

出産後のうつ病

産後うつの症状を把握することの大切さ

産後の女性の約1割は、うつ病にかかりやすいと言われています。女性は長い人生の中で二度、大きな節目を迎えます。一度目は結婚、二度目は出産ということになります。その際、女性の心は大変ナイーブになっているため、うつ病を引き起こしやすいのです。結婚前はマタニティーブルーにかかる女性が多く、また出産後には産後うつにかかる女性が多くなってきています。産後うつの主な症状は、マイナス思考や不安感、イライラ、不眠、食欲減退等を挙げることができます。このような産後うつの書状を軽視し放置しておくと、更に危険な事態を招いてしまう恐れがあります。取り返しのきかない状況に陥る前に、様子の変化に気が付いた時点で病院へ行く等、早急な措置が必要となります。

家族のサポートで乗り越える

産後うつ症状が見えたら、周囲の人がいち早く気付いてサポートしてあげることが重要です。うつ病患者本人は自分の病気を認めない傾向も見られるため、冷静な判断のできる周囲の迅速な対応が必要となるのです。産後うつは本人の意思とは全く無関係に突然やってくるものです。産後のホルモンバランスの乱れや慣れない赤ちゃんの育児で心身的にストレスが溜まってしまうのが原因とされています。昔のように大家族ではないため、身近に育児の相談をする相手もいず、全ての責任がのしかかってしまい追い込まれた心理状態になってしまうのです。産後うつに陥ってしまうほど抱え込まず、あまり神経質にならないことが大切です。また、周囲の人ができるだけサポートしてあげることも必要となります。

治療にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

最近よく耳にするようになった産後うつ。 産後うつとは、一般的に産後1年以内に発症するうつ病のことを指します。 肉体的にも精神的にも一大事である出産を終え、今までの生活とはがらりと変わり、ホルモンバランスも崩れ、その変化についていけなくなり発症します。 それでは、産後うつの治療費はどれくらいかかるのでしょうか。 産後うつはなかなか自分では自覚のないうちに陥っていることがほとんどです。 早期に発見できれば、薬の服用もなく回復できます。 重症化してしまうと、赤ちゃんがかわいいと思えなくなり、自殺願望まででることがあります。 そこまでいくと薬が必要になります。 診察と薬で1か月6000円から1万円ほど必要になってきます。

産後うつの特徴について

今では出産した女性の10人に1人の割合で発症するといわれている産後うつ。 それでは産後うつの特徴について、いくつかみていきたいと思います。 まず1つ目に、夜なかなか寝付けなくなってしまいます。赤ちゃんのお世話で思うように睡眠はとれませんが、体は疲れているのに眠れずに一睡もできなくなることもあるようです。 2つ目に常に疲れた状態に陥ります。出産後は思うように家事はできないことが多いですが、普通にこなせていたものもできなくなってしまいます。 3つ目にあらゆることに不安になり、イライラしてしまいます。この先、赤ちゃんを育てられるのだろうかなどの不安に襲われてしまいます。 この他にも症状の特徴はたくさんありますが、早めに対処することが必要になります。

ピックアップ